施工事例

DSCF5359
閑静な住宅街の一角にドイツ仕様の家?実は建築家彦根アンドレア氏設計の案件で、内断熱と外断熱併用で開口部の窓はノルドの木製サッシ、トリプルガラス仕様で内断熱にはセルロースファイバー密度60kg/m3(通常は25kg/m3)、外断熱にはネオマフォームを採用し、SE構法重量木骨での史上最強のまさしくドイツ仕様住宅です。
2017-07-14-3
賃貸ビルのワンフロアを自宅として使用したいとオーナー様、設計事務所からのご依頼をうけて 全面改修となりました。